賃貸経営事業を引き継ぐこと

###Site Name###

親の経営していた賃貸アパートをその息子か娘が相続することになれば、今後は、その息子か娘が家賃収入を得ることになります。
これはつまり、その息子や娘が、親のやっていた賃貸経営事業を引き継ぐことを意味します。



その意味では、アパート経営者であった親が、息子や娘にその経営事業を譲渡したことになるわけですが、これは親子間での事業譲渡であるために、その事業資産である賃貸住宅という財産が相続される、ということになるわけです。

財産の相続であれば、そこには当然に税金がかかってくるわけで、アパートを貰い受けた息子や娘は、この税金を払わなければなりません。

その後は、親がやっていたのと同じように、賃貸アパートの経営を行って、その家賃収入を得て行くことになるわけですが、もしも、親がそのアパートを不動産投資ローンを利用して購入しており、そのローンの返済がまだ完済していなかった場合には、そのローン返済という債務もまた相続することになります。



従って、賃貸経営を受け継いだ息子や娘は、そのローン返済も親から受け継いで続けて行かなければなりません。すなわち、賃貸経営事業を受け継いだ息子や娘は、そのローン返済がまだ残っている場合には、賃料収入を得て行けるだけではなく、そのローン返済も続けて行かなければならないわけなのです。



このように、相続というものはそのプラスの資産や権利のみではなく、マイナスのものもプラスのものと同じように受け継がなければならないものなのです。

あなたに合った条件で南原 貴裕の情報なら当サイトにお任せ下さい。

ウィークリーマンション ファミリーの評判が高いです。

軽井沢 別荘に関する予備知識が満載です。